お金は無いが大学院で学びたい図情系人間のお話(資金調達編①)

ブログを作成したことすら記憶の彼方へ消えていました。
なにが備忘録か。
久しぶりに書き残したいことができたのでログインしました。

 

さて、タイトルのとおり、お金がないけれども
社会人大学院で学びたいと思っています。
体験記を残しておくと、後に続く方が役立ててくれるかもしれない、
と考えましたのでこれを書いている次第です。
なお資金調達編と書きましたが、思い付きで書いているので
もう続編はないかもしれません。生暖かく見守ってください。

 

本題に入ります。
今回目指しているのは某私大の院(図情系)です。
私は仕事をしつつ大学に通うことを目指しているので、
ご存知のとおり選択肢はそんなにありません。
ご在籍の先生の研究分野やスタンスを確認し、ここを目標に定めました。

 

ここで!!問題になるのが!!!お金!!!!!!!
1年目は90万円超の用意を必要とします。
ちなみに2年目は60万円超。
ついでに試験料で3万円とちょっと。

ここで私の状況をさらりと。
・地方出身(電車もなければ大学もない地域)
・大学進学時に実家離脱済
・大学は奨学金を借りて進学可能に
・実家からの通勤は不可能(新幹線で半日)
・実家からの資金援助は不可能
こんな感じです。


そんなわけで奨学金等の情報を集めました。


まずは大学の制度を確認しまして、授業料を割り引いてくれる制度を発見。
授業料が半額になります。
成績や経済状況から審査が行われるようですが、
収入の条件は軽々クリア(悲しい)しており、
学部時代の成績もそこそこ良い方なので、
まあなんとか通るんじゃないかと希望を持ちました。
難点といえば、この審査は入学後に行われますので、
どちらに転んでも大丈夫なように資金を用意する必要があることです。
この点は日本学生支援機構奨学金を利用すれば何とかなりそう。
(下半期分の授業料が消える、ということになるのでタイミング的に)

大きな問題は入学時の納入金です。
優先すべきは日本政策金融公庫の「国の教育ローン」かな、
という結論に至りました。

教育一般貸付(国の教育ローン)|日本政策金融公庫

日本学生支援機構で一時的に増額もできますが、
 国の教育ローンに落ちてから検討してね、というスタンスの模様。
 そして入金は入学後(しんどい)。

入学時特別増額 - JASSO

そんなわけで、国の教育ローンの申し込みをフォームから行いました。

 

 

さて、実は本日日本政策金融公庫を訪ねており、
それがメインの話題だったのですが力尽きました。
冒頭で続編は不明と言いましたが、その内続きを書きます。多分。


(おまけ)

ちなみに、ここまで考えて、親への感謝の念が限界突破しました。
学部の入学金・学費用意してくれてたのは愛でしかねえです。ねえですだ。
だって!!!!お金の都合を考えるのってしんどい!!!!!
両親は自分たちの手が届く範囲で、
一生懸命私が学ぶ道を用意してくれたのだと身に染みて感じています。

その結果私はやりたい職種に就くことができたので、もっと力を付けて、
情報格差や教育格差に向き合いたいなあと思うのです。
現在の私は比較的恵まれた学習環境あってのものです。
それでも、他者との教育格差を感じてえもいわれぬ思いをすることもあります。
私は、どんな生まれの方でも、自分なりの幸せを自分で選べる社会がいいよ。
理想論でもそれを目指すよ。