教員の役に立つ(かもしれない)情報源①(雑多)

 

教育実践事例・指導案等の調査に使えそうな情報源をちょっとずつまとめていきます。

ある程度集まったら大整理を行う予定です。

 

今回はごった煮です。ざっくり。

 

------------------------------------

教育研究情報データベース・HOME

以下の情報を検索できます。
● 教育研究所・教育センター刊行論文
● 教育研究所・教育センター刊行論文(本文付)
● 初等中等教育諸学校における実践的教育研究主題
● 地方教育センター等における教職員研修講座
● 高校入試問題
● 教育学関係博士・修士学位論文題目
● 学習指導要領データベース
● 全国小中学校研究紀要(学習指導案

 

研究指定校・地域事業:国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

指導資料・事例集のpdfを公開しています。

写真非掲載のファイルもあるようなので、完全版は紙媒体で。


教育情報共有ポータルサイト
イマイチ全容がつかめないこちら。

教員の方々は登録後使えるのかしら、、、

レファレンス協同データベース的なものかと予想してみたり。

ご存知の方、ご教示くださいませ。

 ⇒(2017.7.22追記)PCから見たところ、ちゃんと使えました。各自治体から収集した指導案等のデータベースです。ひとまずちゃちゃっと検索したい時は最適。

 

 

http://www.kyoiren.gr.jp/report/houkokusyo.html

研究報告書が掲載されています。最新3年分はpdfファイルあり。

 

  • TOSS

http://www.tos-land.net/

教員同士のコミュニティサイト。指導案等アイディアを投稿できるようです。

 

役立つ | 学びの場.com

指導案、授業アイディア等の検索・投稿ができます。

教材・プリント、イラスト、校務テンプレートはちょっと珍しい?

 

教育を調べる | 経済・社会・教育 | 国立国会図書館

教育学研究者には役立つかもしれない。

レファレンス協同データベース

学校図書館のレファレンス事例も掲載されているので、想定される質問を探るのに使えたり…するといいな…

 国立国会図書館デジタルコレクション

デジタル化済み資料を検索できる。資料は大きく3パターン。

①どこからでも見られる

(著作権の諸問題をクリアしたもの)

国立国会図書館館内or図書館送信参加館館内で見られる

国立国会図書館館内で見られる

古典籍などは人文系の科目で役立つかもしれない。

多くの資料は目次情報が入力されているため、他の蔵書検索システムではヒットしない情報が掘り当てられることがある。すぐに資料の中身が見られないこともあるが、とりあえず検索してみる価値あり。

NDL-OPAC

国立国会図書館の所蔵資料を検索できる。規格等も検索できますが、もしかして工業高校の方は役立つこともあるのかしら。どうでしょう。

雑誌記事の検索ができるのも良い点ですが、全ての雑誌の記事情報が収録されているわけではない。つまりここでヒットしなくても、諦めるにはまだ早い。

国立国会図書館サーチ(NDL Search)

 実は上記の国立国会図書館作成DBの情報がまるっと検索でき、かつ都道府県レベルの公共図書館の所蔵資料も検索できる。操作(見方?)癖あり。 

 

 国立公文書館 デジタルアーカイブ

 デジタル化資料が見られます。特に人文系の科目で役立ちそう。

 

------------------------------------

 

今回はここまで。

次はこの続きか、教育委員会編(東北)にします。

 

お気付きの点などありましたら

ご意見いただけますと大変嬉しいです。